10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

太一の変態紳士日記

ゲーム・アニメ・マンガが大好きな変態紳士の日記です。

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2011

08/07

Sun.

めだかボックス第11巻買いました 

おはようございます。
昨日、ツタヤでめだかボックス第11巻買いました。
福岡県は届くのが2日くらい遅れるんですよね~。
待ちくたびれましたよ。
でも絶対本気出せば発売日に届けられると思うんですけどね~。
まぁ仕方ないですね。
ジャンプでは後ろの方だけど何だかんだで連載が続いてるので嬉しいです。
僕的には今連載しているどの漫画よりも面白いと思うんですけどね~。
めだかボックスが今連載されている中で一番好きです。
全漫画の中では遊戯王が一番ですけどね。
でも、後ろの方で悲しいです。
まぁ連載が終わらなければいいんですけど・・・
何が好きかって言われたら、まずはキャラクターというか絵が好きです。
後、台詞とか好きですね。
台詞回しが独特な気がします。
まぁ、原作があの西尾維新さんですからね。
独特にもなるでしょう。
ちなみに小説はまったく読んだ事無いです。
で、11巻の話になりますが、表紙に安心院さんがきましたね。
初安心院さんですね。
待ってましたよ~。
この巻で第一部が終わりらしいですね。
球磨川とはどうなるかと思いましたけど、仲良く?と言って良いのか分かりませんが、とりあえず決着がついて良かったですね。
球磨川が大嘘憑き(オールフィクション)を捨てて戦った理由が、ちゃんと戦ってちゃんと勝ちたい、ちゃんと戦ってちゃんと負けたいからだなんて。
すごくシンプルで良い理由だなと思いました。
ちゃんと勝ったり、ちゃんと負けたりすることって大事なのかな、とか思ったりしました。
それと却本作り(ブックメーカー)の能力もすごいですよね。
食らったら球磨川と同じ過負荷(マイナス)になるなんて。
でも、それを食らってもめだかちゃんは心が折れませんでしたね。
理由は却本作りは球磨川が本当に弱くないと本当の力が発揮されないからだと言ってました。
そうですよね、仲間のために、同士のために戦う人が弱い訳無いですよね。
そして、めだかちゃんは言ってました。
「わかってください球磨川先輩
 私はあなたを敵視こそすれ下に見たことなどないのですよ」と。
めだかちゃんらしい言葉ですね。
ぐっときました。
敵視している人を下に見ないって結構難しいと思うんですよね。
僕も嫌いな人いますけど、つい下に見たりしちゃいますね。
でも、めだかちゃんの言葉を聴いて、僕もめだかちゃんを見習わなきゃなと思いました。
そして、めだかちゃんが却本作りを受け止めて、それでも心が折れないなら負けを認めるって言ったんですけど、球磨川はそれでも負けを認めなかった。
それに対して善吉君は、
「・・・ふざけんじゃんねえ!
 いい加減にしろよ球磨川ぁ!
  潔く負けを認めやがれ!
  悪あがきにもほどがあるぞ見苦しい!!」って言ったんですけど、それに対して、めだかちゃんが、
「善吉
 負けたくないと思う気持ちのどこが見苦しい」と言ったんですね。
この言葉は痺れましたね。
負けたくないという気持ちは見苦しくないんだな、と思い知らされましたね。
そして、その後の言葉もいいんですよ。
「勝つものが強いのではない
 負けて
  這い上がるものが強いのだ!」
またもやめだかちゃんの名言が出たなと。
めだかボックスは名言が多い気がします。
それにしても善ちゃんは観客になると雑魚度がますよね、って古賀さんに言われてましたね。
僕もそれは思ってたところだったんですよね~。
結構めだかちゃんに間違いを指摘されるんですよね。
それで、めだかちゃんは却本作りを食らって心は折れなかったけど、一応マイナスにはなっているのでこのままじゃ決着がつかないって言われてたんですけど、めだかちゃんの敵達が応援に駆けつけてくれてそれに励まされて勝ったんですよ。
この展開は胸が熱くなりました。
敵が応援に来るなんてめだかちゃんすげぇなって思っちゃいました。
それで球磨川にグーパンチを食らわせて決め台詞を言って決着がついた、という感じです。
それで生徒会戦挙編が終わった、と思いきや転校生の安心院なじみと不知火半纏が来て、何か悪巧みをしようとしていて、それを止める事になったという感じです。
色々あってめだかちゃんの後継者を育成しようという事になり、中学生を対象にした後継者作りが始まりました。
ちなみに、安心院さんと不知火半纏は悪平等(ノットイコール)というらしいです。
で、その後箱庭学園の学校見学を開いて、継者候補が5人いてその子達を育成しようという事になりました。
まぁ、その子達もノットイコールだったんですけどね。
それで、なぜか球磨川がその子達に襲われて、痛めつけれたんですけど、球磨川が復活して、しかも滅茶苦茶強くて、その子達をお仕置きしてこの巻は終わりました。
ちなみに、この回で球磨川の、いえ球磨川さんの
「改めて見ても可愛いパンツだね
 だけど財部ちゃん
  きみの笑顔は
  もっと可愛いぜ」
っていう迷言、いえ名言が出たんですけど、なぜこの名言が出たのかはコミックスを見て確かめてください。
つい、球磨川さんと呼んじゃいましたね。
ということで滅茶苦茶長くなりましたがこれで終わりにしたいと思います。
変な文章になっていたらごめんなさい。
めだかボックスすごく面白いので買って見てみて下さい。
週刊少年ジャンプ公式サイト めだかボックス
めだかボックス第11巻 (アマゾン)
スポンサーサイト

Posted on 11:26 [edit]

category: めだかボックス

Page top△

2011

01/29

Sat.

実写版デスノートの感想 

今日は実写版デスノート見ました。
3回くらい見てるんですが泣いてしまいました。
ラストの月がリュークに名前を書かれて死にながら訴えかけるところで泣いてしまうんですよね。
面白いんですがやはり漫画とアニメの方が僕は好きですね。
ちょっと物語りも違いますし。
でもL役の松山ケンイチさんは物凄くあってると思います。
月役の藤原竜也さんもなかなかあってますが。
デスノートって色々考えさせられますね。
ちゃんとしたやり方で世の中を良くしようとするL達、強引なやり方でも世の中を良くしようとする月。
目指している所は一緒のような気がしますがやり方が全然違いますよね。
でもL達にはL達の、月には月の正義があるでしょうから。
絶対的な正義なんて僕はないと思ってますが・・・
誰かの正義は誰かの不義かもしれない。
誰かの不義は誰かの正義かもしれない。
っていうのが僕の考えです。
でも月は関係のないLとかも殺そうとしてますからそこは駄目だろと思います。
Lや父親は犯罪を犯してない訳ですから。
でも僕は月の考え方が間違ってるともはっきりとは思えないんですよね。
月が殺した事によって救われた命もあったかもしれないし・・・
勿論犯罪のない世の中になったらそれは素晴らしいと僕は思います。
なんで善人が悪人に恐怖しながら生活したり悪人の犠牲にならないといけないんだとか思いますし。
僕以外の方の意見も聴きたいですね。
Lが主人公になったのもまた見たくなりました。
あれも僕的には面白かったなぁ。
最近は漫画の実写化が流行ってるみたいですが僕はああいうのは絶対にやって欲しくないです。
でもなぜかデスノートは違和感ないんですよね・・・
僕だけでしょうか?

Posted on 00:12 [edit]

category: デスノート

Page top△

2011

01/26

Wed.

週刊少年ジャンプ2011年8号めだかボックス 

今週のめだかボックスは江迎ちゃんがすごくがんばったと思います。
手錠がああいう風な仕掛けでみんな助かったけどああいう風な仕掛けじゃなかったらあぶなかったんじゃないかなぁ。
まぁ危なかろうが危なくなかろうが江迎ちゃんはああいう風にしたと思いますが。
僕作品の展開とか全然読めないから毎回毎回驚かされるんですよねw
そして善吉君の「なんだったら俺はお前の作る味噌汁を毎朝飲みたいくらいだね!」っていう台詞にシビれましたね。
女性はああいう風に言われたら嬉しいだろうなぁ。
僕が女性なら惚れてますね。
てかもう惚れてますが。
って別に「ウホッいい男」っていう意味じゃないですよ!
断じてそれはないです!
それは置いておいてやはり蛾々丸は強そうみたいですね。
強いだけじゃないだろうけど・・・
とにかく今後の展開がというか1話でも見逃せませんね!
皆様も是非めだかボックス見てみて下さい。
読んで損はないと思いますよ。
てかめだかちゃんのおっぱい大きい。

Posted on 23:51 [edit]

category: めだかボックス

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。